スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今” ブックライブ 電子書籍 配信 情報

スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”ブックライブ無料試し読み&購入


「今までのように、プロデューサーとディレクター、コピーライターとアートディレクター等々、対峙して職種を考える時代は終わったのではないでしょうか」(本文より) すべてのメディアを飲み込んでしまったデジタル・テクノロジー。デジタルメディアの中心は驚異的なスピードで遷移していく。バナー、ウェブサイト、ムービー、アプリ、SNS、そしてロボットと。もはや既存の手法や考え方が通用しない。メディアは、表現は、モノづくりはどうなるのか。この環境のなかで何をどう表現すればよいのか。デジタルの広告クリエイティブ職として数々の世界的アワードを受賞しながらも広告代理店を辞し、アーティストやテクノロジストとのコラボレーションを展開する等の異色の活躍を続ける著者。本作では、テクノロジーと表現の現状、そしてその先に待つものを伝えつつ、テクノロジーを軽やかに身に纏い新たな表現を創り出す「スーパードットなひと」になるための考え方、在り方、発想法を示す。本作を通じて自分自身を再定義できれば、メディアの形を問わず、人の心を動かす最も大切なものに近づくことができるはず。【目次】●枠を設けることが意味を為さない時代 ●メディアはメッセージ ●クリエイティブ試験不合格のクリエイティブ・ディレクター ●答えは、ひとつじゃない ●メディアと表現は常に変化し続ける ●イデアとエグゼキューション ●クリエイティブとは問題を提起すること ●究極のプロジェクションマッピングとは ●リアルとバーチャルは対義語ではない ●新しい広告のヒントは広告祭を見に行っても見つからない ●メディアのコンディションを疑うこと ●再定義のための発想法 ●コミュニケーションデザインとは何か ●サイトスペシフィックな島 ●体験デザインってなんだ ●これからのデジタルテクノロジーが向かう先 ●ストーリーテリングの力を見くびるな [本書について]本書は、山口哲一氏がオーガナイザーを務める「ニューミドルマン養成講座第5期」の講義内容をもとにしつつ、それを新たに書き起こし電子書籍化したものです。
続きはコチラから・・・



スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”「公式」はコチラから



スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”


>>>スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でスーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホやiPadの中に漫画を全部収納すれば、保管場所を気に掛ける必要が皆無になります。とりあえずは無料コミックから挑戦してみると便利さが分かるでしょう。
「自宅以外でも漫画が読めたらいいな」という人に向いているのがBookLive「スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”」だろうと思われます。実物を持ち運ぶ必要性もなく、カバンの中身も重くなりません。
漫画を買ってまで読むという人の数は、このところ低減している状態なのです。以前と同じような販売戦略にこだわらず、いつでも読める無料漫画などを採り入れることで、新規利用者の獲得を企図しています。
電子書籍はクレカで買うので、知らず知らずのうちに料金が跳ね上がっているということが無きにしも非ずです。しかしながら読み放題だったら1ヶ月の利用料金が決まっているので、ダウンロードし過ぎても支払金額が高くなるという心配がありません。
様々な種類の本を読み漁りたい人にとって、次から次に買うのは金銭的負担が大きいはずです。だけど読み放題を利用すれば、本代を減らすことができるので負担が軽くなります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


膨大な数の人が無料アニメ動画の利用をしているようです。急に予定がなくなった時間とか電車で移動中の時間などに、簡単にスマホで見ることができるというのは嬉しいですね。
「電車に乗車している最中にカバンから漫画を出すのはためらってしまう」、そんな人でもスマホに直で漫画を保存すれば、他人の目を気にする必要はなくなります。このような所が漫画サイトの良いところです。
スマホ利用者なら、電子コミックを手軽に楽しめます。ベッドに横たわって、目が重くなるまでのリラックスタイムに閲覧するという人がかなり多いと聞いております。
鞄を持ちたくない男の人には、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのは凄いことです。荷物の量は変わらないのに、ポケットにインして本を携帯できるわけなのです。
サービスの詳細は、会社によって変わります。ですから、電子書籍を何処で買うことにするのかに関しては、比較すべき内容だと思っています。熟考せずに決定するのはおすすめできません。





スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”の情報

                              
作品名 スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”ジャンル 本・雑誌・コミック
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”詳細 スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”(コチラクリック)
スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”価格(税込) 540円
獲得Tポイント スーパードットなひとになる。 コミュニケーションとテクノロジーの“今”(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ