『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】ブックライブ無料試し読み&購入


2017年2月、金正男暗殺の衝撃――。東京新聞の五味洋治氏は、生前の金正男と150通にわたるメールのやり取りをし、3度のインタビューを行った。その模様は著書『父・金正日と私 金正男独占告白』に収められ、世界的な話題となった。本作品は、五味氏が金正男と交流を持つにいたるきっかけとなった文藝春秋の記事「初公開 金正男 七通のメール」の他、諸君、週刊文春に掲載された、五味氏の金正男関連の記事を再構成したオリジナルコンテンツ。亡き今こそ知られるべき、金正男という男の素顔とは――。【収録記事】「初公開 金正男 七通のメール」(文藝春秋 2007年3月特別号)「金正男氏との七年間」(文藝春秋 2012年2月臨時増刊号 諸君!北朝鮮を見よ!)「初公開 金正男の衝撃メール」(文藝春秋 2012年3月特別号)「「金正日の遺言」独占入手」(週刊文春 2012年4月19日号)「金正男と私の13年」(週刊文春 2017年3月2日号)
続きはコチラから・・・



『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】「公式」はコチラから



『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】


>>>『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


バッグの類を持たずに出かけたい男性陣にとって、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのはすごく助かります。荷物を増やすこともなく、ポケットの中に入れて本や漫画を持ち歩くことができるというわけなのです。
「連載形式で発刊されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には無用の長物かもしれません。しかしながら単行本が発売されてから購読するという利用者にとっては、前以て無料漫画で中身を確認できるのは、非常に有益です。
ミニマリストという考え方が世間一般に分かってもらえるようになった近年、漫画本も書物として持ちたくないということで、BookLive「『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】」を用いて読む人が増え続けています。
コミック本というものは、読み終わった後にブックオフのような買取店に売り払っても、数十円にしかなりませんし、もう一度読みたいときに大変です。スマホで使える無料コミックなら、置き場所はいらないから片付けに悩む必要がありません。
現在放送されているアニメを毎週オンタイムで視聴するというのは面倒ですが、無料アニメ動画として配信されているものなら、あなた自身のお好きなタイミングにて楽しむことができるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も普通の漫画と同じで情報が商品となりますので、つまらないと感じても返品は不可能です。それがあるので、楽しめるかを確認するためにも、無料漫画を閲覧する方が良いのは間違いありません。
CDを視聴してみてから買い求めるように、コミックも試し読みで確認してから買い求めるのが普通のことのようになってきたように思います。無料コミックを活用して、読みたい漫画を探してみると良いでしょう。
「どのサイトで本を買うか?」というのは、案外重要な事です。値段やサービス内容などに違いがあるわけなので、電子書籍に関しては比較して選ばないとならないと考えています。
必ず電子書籍で購入するという方が確実に増加しています。持ち運ぶなんて不要ですし、収納スペースも気にしなくて良いというのが主な要因です。加えて言うと、無料コミックになっているものは、試し読みも余裕です。
「外でも漫画をエンジョイしたい」とおっしゃる方にちょうど良いのが電子コミックだと言って間違いありません。単行本を携帯することもなくなりますし、荷物も軽量化できます。





『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】の情報

                              
作品名 『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】ジャンル 本・雑誌・コミック
『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】詳細 『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】(コチラクリック)
『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】価格(税込) 400円
獲得Tポイント 『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔【文春e-Books】(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ