「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク ブックライブ 電子書籍 配信 情報

「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクブックライブ無料試し読み&購入


「土木構造物って、すごい」。近年、ダム、鉄道、道路、団地、工場といったインフラの大切さ、その背景にある物語や産業的な発展に、きちんと目を向けられるようになってきました。むしろエンターテイメントとして、新たな概念「ドボク」として楽しまれています。橋とトンネルの魅力は、それぞれ「構造」と「工法」。その切り口で、数式を使わずに橋の構造を、豊富な事例でトンネルを解説します。地形を克服し、物流・移動を確保して国土の骨格を造り上げる橋とトンネル。無数にあるそれらは一見、無骨で味気なく見えるけれど、実は個性がそこここに散りばめられ、そこに造られた必然性や個々の事情もみえてくるのです。橋やトンネルの発展の歴史も、世界や日本の産業史とも強く関わっていて、とてもドラマチックなのです。 ●目次抜粋 /part1 知ってるようで知らなかった「橋」の世界■橋を構造別に四つに分け、その力学を理解しよう■橋の構造は、部材が石から鋳鉄、そして鋼鉄へと進化することで発展した■東京ゲートブリッジが、恐竜のような形になった深い理由■条件や目的によって変わってくる、四種類の橋の架設工法■橋の構造別■世界一長い橋と世界一高い橋■日本の橋よりさらに不思議な、世界の個性的な橋めぐり /part2 知れば知るほどアメージング! 奥深い「橋」の魅力■「鉄の魔術師」エッフェルが空に向けて架けた大きな橋■「もったいない」の精神で100年を超える鉄橋を再利用■橋の概念を打ちやぶる 渡らない橋に水面の下に架かる橋■人で落ちた橋、風で落ちた橋 恐ろしい落橋事故の歴史■ダムカードに続け! 埼玉県が独自に発行をはじめた「橋カード」 /part3 見えない部分がすごい! 「トンネル」の世界■世界と日本のトンネル史をひもとく■まったく違う発想に基づいている、四種類のトンネル工法■日本のトンネル技術の粋を集めて完成した青函トンネル■トンネル内でアップダウン 重力を利用した安全性と経済性■トンネルの部材と建設様式をみれば、いつ造られたのかがわかる■未曾有の難工事となった鍋立山トンネル /part4 知ればもっと、なかにいたくなる 「トンネル」の魅力/■交通や物流面で大きな変化をもたらしたトンネル■日本と世界のトンネルの長さ
続きはコチラから・・・



「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク「公式」はコチラから



「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク


>>>「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「スマホの小さな画面では迫力が半減するのでは?」という疑問を持つ人もいますが、本当にBookLive「「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク」をDLしスマホで閲覧してみると、その使用感にビックリする人がほとんどです。
「比較するまでもなく選んでしまった」と言われる方は、無料電子書籍はどこも内容が同じという感覚かもしれないですが、サービスの充実度は登録する会社によって違いますので、しっかりと比較することは肝要だと言えます。
比較したあとに、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が多くなっています。オンラインで漫画をエンジョイしたいなら、沢山のサイトの中より自分にピッタリのサイトをセレクトすることが必須です。
このところ、電子書籍業界では斬新な「読み放題」というプランが登場し注目を集めています。1冊ごとにいくらというのではなく、月々いくらという課金方法になっているわけです。
電子書籍の注目度は、より一層高くなってきているようです。そうした状況において、ユーザーが増加傾向にあるのが読み放題というプランです。使用料金を気にしなくても大丈夫なのが人気の秘密です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画本というものは、読み終わったのちにBookOffみたいな買取専門店に持参しても、大した金額にはなりませんし、読みなおそうと思った時に再購入が必要となってしまいます。無料コミックであれば、本棚が必要ないので片付けに苦労しません。
「連載形式で発刊されている漫画を読むのが楽しみなんだ」という方には必要ないでしょう。けれども単行本になるまで待ってから買うようにしているというファン層からすれば、買う前に無料漫画で大筋を確認できるというのは、何より嬉しいことなのです。
幅広い本を耽読したいという人からすれば、次々に買うというのは金銭的ダメージが大きいと言えます。だけども読み放題というプランなら、書籍購入代金を安く済ませることが可能です。
雑誌や漫画を含めた書籍を入手するときには、ページをめくって確かめた上で決断する人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読みしているのと同様にストーリーをチェックするのも容易なのです。
「あれこれ比較せずに選んでしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも変わり映えしないという認識をお持ちなのかもしれないですが、サービスの詳細な中身については各社それぞれ異なりますから、しっかりと比較することは大切です。





「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの情報

                              
作品名 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクジャンル 本・雑誌・コミック
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク詳細 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(コチラクリック)
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク価格(税込) 777円
獲得Tポイント 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ