Pythonによる機械学習入門 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

Pythonによる機械学習入門ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。検索やハイライト等の機能が使用できません。初心者でもPythonを用いて機械学習が実装できる! 本書は、今後ますますの発展が予想される人工知能の技術のうち機械学習について、入門的知識から実践まで、できるだけ平易に解説する書籍です。「解説だけ読んでもいまひとつピンとこない」人に向け、プログラミングが容易なPythonにより実際に自分でシステムを作成することで、そのエッセンスを実践的に身につけていきます。また、読者が段階的に理解できるよう、「導入編」「基礎編」「実践編」の三部構成となっており、特に「実践編」ではシステム計画研究所が展示会「Deep Learning実践」で実際に展示した「手形状判別」を実装します。詳細目次第1部 導入編  第1章 はじめに 1.1 機械学習とは 1.2 Python と機械学習 1.3 インストール&セットアップ 1.4 Python 早分かり ― NumPy とmatplotlib 1.5 クイックツアー  小話 深層学習って何だ? 第2 章 機械学習の様々な側面 33 2.1 機械学習をとりまく環境.. 33 2.2 関連分野. 34 2.3 学習法による分類. 35 2.4 手法や課題設定による分類. 36 2.5 応用例. 37第2部 基礎編 第3章 分類問題 3.1 分類問題とは 3.2 最初の分類器 3.3 学習データとテストデータ  ミニ知識 色々な用語 ―学習・訓練・教師 vs テスト・評価・バリデート・検証  ミニ知識 k- 分割交差検証 3.4 分類器の性能を評価しよう  ミニ知識 正答率(Accuracy)と適合率(Precision)  ミニ知識 色々な平均.調和平均・算術平均・幾何平均 3.5 色々な分類器 3.6 まとめ 第4章 回帰問題 4.1 回帰問題とその分類 4.2 最初の回帰 ― 最小二乗法と評価方法 4.3 機械学習における鬼門 ― 過学習 4.4 過学習への対応 ― 罰則付き回帰 4.5 様々な回帰モデル 4.6 まとめ 第5章 クラスタリング 5.1 iris データセット  ミニ知識 フィッシャーのあやめ 5.2 代表的なクラスタリング手法 ― k-means 5.3 その他のクラスタリング手法 5.4 まとめ第3部 実戦編 第6章 画像による手形状分類 6.1 課題の設定 6.2 最初の学習 6.3 汎化性能を求めて ― 人を増やしてみる 6.4 さらに人数を増やしてみる  ミニ知識 学習データに含める人数について 6.5 データの精査と洗浄 ― データクレンジング 6.6 特徴量の導入 6.7 パラメータチューニング 6.8 まとめ 第7章 センサデータによる回帰問題 7.1 はじめに 7.2 準備 7.3 センサデータの概要 7.4 データの読み込み 7.5 高松の気温データと四国電力の消費量 7.6 もっと色々、そしてまとめ 7.7 終わりに第4部 付録 付録A Python で作る機械学習 A.1 この付録の目的 A.2 最小二乗法 A.3 行列計算による解析解の導出 A.4 反復法 
続きはコチラから・・・



Pythonによる機械学習入門無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


Pythonによる機械学習入門「公式」はコチラから



Pythonによる機械学習入門


>>>Pythonによる機械学習入門の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


Pythonによる機械学習入門、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
Pythonによる機械学習入門を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でPythonによる機械学習入門を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でPythonによる機械学習入門の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でPythonによる機械学習入門が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、Pythonによる機械学習入門以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


内容が分からない状態で、表紙だけで読もうかどうかを決定するのは難易度が高いです。無料で試し読みができるBookLive「Pythonによる機械学習入門」サービスなら、一定レベルで内容を吟味した上で買うことができます。
「漫画の所持数が多すぎて置き場所がないから、買いたくても買えない」という事態に陥らないのが、BookLive「Pythonによる機械学習入門」が支持される理由です。どんどん買ったとしても、収納スペースを心配せずに済みます。
1ヶ月分の料金を納めることで、各種の書籍を何冊でも読むことができるという読み放題コースが電子書籍で話題となっています。毎回毎回買わなくても読めるのがメリットと言えます。
漫画を買い求めるまでに、BookLive「Pythonによる機械学習入門」においてちょっとだけ試し読みするというのが今では一般的です。大まかなあらすじや主要キャラクターの容姿を、事前に見て確かめることができます。
「連載形式で発刊されている漫画を見るのが好きなんだ」という人には全く必要性が感じられないサービスです。でも単行本出版まで待って読む人からすれば、買う前に無料漫画で内容を試し読みできるのは、本当に有益なことだと思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「アニメに関しましては、テレビで見れるもの以外は一切見ていない」というのは時代から取り残された話かもしれません。その理由としては、無料アニメ動画などをWebで見るというパターンが一般化しつつあるからです。
電子無料書籍を有効利用すれば、いちいち売り場まで赴いて立ち読みなどをするといった面倒なことをしなくて済むようになります。そんなことをしなくても、「試し読み」することで中身の把握ができてしまうからなのです。
コミックと言えば、「若者を対象としたもの」というイメージがあるかもしれないですね。けれども最新の電子コミックには、40代以降の方が「懐かしい」と言ってもらえるような作品もたくさんあります。
連載中の漫画などは複数冊をまとめて購入することになりますので、事前に無料漫画で立ち読みするという人が少なくありません。やはり表紙だけみて漫画の購入を決断するというのはかなり難儀だということです。
多種多様の本を読み漁りたいという活字中毒者にとって、あれこれ買い求めるのは金銭的にも負担が大きいと言って間違いないでしょう。だけど読み放題を利用すれば、利用料を縮減することができてしまいます。





Pythonによる機械学習入門の情報

                              
作品名 Pythonによる機械学習入門
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Pythonによる機械学習入門ジャンル 本・雑誌・コミック
Pythonによる機械学習入門詳細 Pythonによる機械学習入門(コチラクリック)
Pythonによる機械学習入門価格(税込) 2808円
獲得Tポイント Pythonによる機械学習入門(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ