独走 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

独走ブックライブ無料試し読み&購入


オリンピック柔道金メダルを花道に引退した沢居弘人は、スポーツ省から特別強化指定選手「SA」(エスエー)の高校生・仲島雄平のサポートを命じられる。陸上長距離で日本記録を更新する反面、メンタルが弱い仲島の意識改革が狙いだった。次回五輪での「金メダル倍増計画」を国策に掲げ、アスリートを管理育成する体制に違和感を覚えながら練習に励む仲島のもとに、ある誘いが届く。選択を迫られた仲島は……。「堂場さんの『独走』は、日本がオリンピック熱に浮かされはじめたいま、とても貴重な視点をたくさん提供してくれるエンターテインメントだ。そして、人にとってスポーツがどんな意味を持つのか、根源的な問いを投げかけてくれる作品でもあるのだ。」――解説・生島淳氏、絶賛!
続きはコチラから・・・



独走無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


独走「公式」はコチラから



独走


>>>独走の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


独走、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
独走を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で独走を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で独走の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で独走が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、独走以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


買った後で「自分が思っていたよりもつまらなく感じた」という場合でも、読んでしまった書籍は返すことなどできないのです。しかしながら電子書籍なら最初に試し読みができるので、それらを防ぐことができるのです。
BookLive「独走」のサービス内容次第ですが、1巻の全ページをタダで試し読みできるというところも見掛けます。まず1巻を読んで、「面白いと感じたら、その後の巻を購入してください」という戦略です。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、揃っている冊数がとてつもなく多いということです。在庫を抱える心配がないということで、様々な商品を取り扱うことができるわけです。
次々に新作が追加されるので、どれだけ読もうとも全部読了してしまう心配がないというのがコミックサイトのセールスポイントです。もう書店では扱っていない珍しい作品も買い求めることができます。
コミックサイトはいくつもあるので、比較して自分に合うものを見極めることが大切になります。その為にも、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を認識することが大切です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


余計なものは持たないというスタンスが多くの人に受け入れてもらえるようになった最近では、本も書冊として持つのを避けるために、漫画サイト経由で閲読する方が増加しつつあります。
「定期的に発刊されている連載漫画を買い求めたい」という人にはニーズがないと言えるサービスです。けれど単行本になってから閲覧すると言う人には、前以て無料漫画で中身を確認できるのは、正に待ち望んでいたことではないでしょうか?
店舗では、展示場所の関係で置ける書籍の数に制約がありますが、電子コミックの場合はこういった制限が必要ないので、ちょっと前に発売された物語も取り扱えるというわけです。
無料電子書籍を利用するようにすれば、手間暇かけて店頭まで足を運んで立ち読みをすることは全く不要になります。そういったことをしなくても、電子書籍サイトの「試し読み」で内容の把握ができるからなのです。
電子書籍も一般の本と同じで情報が商品なので、自分に合わない内容でも返すことはできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確かめるためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。





独走の情報

                              
作品名 独走
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
独走ジャンル 本・雑誌・コミック
独走詳細 独走(コチラクリック)
独走価格(税込) 720円
獲得Tポイント 独走(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ