メディア、編集、テクノロジー ブックライブ 電子書籍 配信 情報

メディア、編集、テクノロジーブックライブ無料試し読み&購入


☆「テクノロジー」が「メディア」を生み、やがて「編集」を変える21世紀の情報社会を生き抜く積極的な防衛策は「編集」だ!デジタル・メディア時代に「編集的思考」が必要な理由とは?これからのメディア人(すべての人だ!)に必要な知識が凝縮。本書では、メディア論の歴史、メディアの歴史、江戸文化からマクルーハン、人工知能から地域デザインまで、メディアに関する言説の海を縦横無尽に泳ぎ回っていく。☆著者は、1990年代の初頭からデジタルの可能性に魅せられ電通を退社、デジタル雑誌編集者、編集長としてIT時代の黎明期から現在までをひた走ってきた、メディア論の専門家。☆特別対談を収録!・なかのひとよ(サザエBot) 「サザエBot」のメッセージは読む人それぞれの「心の声」である・菅付雅信(編集者) “物欲なき世界”がもたらす未来の社会と経済・水口哲也(デジタル・プロデューサー) エンターテインメントとしてのVRと真価・水野佑(法律家、弁護士) クリエイティブ×法律×インターネット☆本文より“ 「編集」の素材となる「情報」は新しいメディアの登場と共にその種類や範囲を増加させ拡大させていく。編集者の仕事が本を作るためだけの仕事ではないという認識は今後ますます重要になっていくはずで、というか、むしろ、編集者はそうした多岐に渡る「情報」を扱わざる得なくなっていくだろう。同時に従来とは違った質を持つ「情報」が生み出され、溢れ返り、乱れ飛んでいく世界にあって、「編集」が要請される場面は飛躍的に増大していく”“ そのとき招来される「編集」とは単なる「情報整理術」などではなく、もっと異なるレベルの、新しい「意味生成術」であり新しい「価値生成術」である。新種のテクノロジーは新種のメディア誕生の加速力となり、新種の「情報」を派生させる原動力となる。「情報」がその定義を変質させていけば、当然、「編集」もその役割を変更しなければならないだろう。「編集」を含めたあらゆる創造産業はいま、大きな転換点の只中に置かれているのである ”
続きはコチラから・・・



メディア、編集、テクノロジー無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


メディア、編集、テクノロジー「公式」はコチラから



メディア、編集、テクノロジー


>>>メディア、編集、テクノロジーの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


メディア、編集、テクノロジー、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
メディア、編集、テクノロジーを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でメディア、編集、テクノロジーを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でメディア、編集、テクノロジーの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でメディア、編集、テクノロジーが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、メディア、編集、テクノロジー以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


多くの書店では、展示スペースの関係で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、BookLive「メディア、編集、テクノロジー」ではそんな問題が起こらないため、あまり一般的ではないタイトルも少なくないのです。
読み終わったあとに「期待していたよりも楽しむことができなかった」としても、購入した本は返すことができません。でも電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、こうした事態を防ぐことができるというわけです。
本を買い集めていくと、後々収納場所に困るという問題が発生します。しかしながらサイトで閲覧できるBookLive「メディア、編集、テクノロジー」なら、整理整頓に困ることは一切ないので、気軽に楽しむことができるというわけです。
店舗では扱っていないような昔のタイトルについても、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップ中には、大人世代が昔満喫した漫画が含まれています。
さくっとアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍なのです。店舗まで出向いて行く必要も、ネットで決済した書籍を郵送してもらう必要もないのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


一言で無料コミックと言いましても、買うことができるジャンルはとても幅広くなっています。少女漫画から青年漫画まで揃っているので、あなたの好きな漫画をきっと探し出せるはずです。
スマホを持っているなら、好きな時に漫画を楽しむことができるのが、コミックサイトのメリットです。1冊単位で買うスタイルのサイトや1カ月定額制のサイトなど多種多様に存在しております。
電子コミックのサイト次第では、1巻全部を料金不要で試し読み可能というところもあるのです。1巻を読んでみて、「面白いと感じたら、その先の巻を有料にてDLしてください」という販促方法です。
ユーザーが急激に増えてきているのがスマホのコミックサイトです。少し前までは漫画は単行本で買うという人が多かったのですが、電子書籍形式で買って堪能するという人が増えています。
購入してしまってから「自分が思っていたよりも面白さが伝わらなかった」となっても、一度開封してしまった本は返せないのです。しかしながら電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こうしたことを防ぐことができるのです。





メディア、編集、テクノロジーの情報

                              
作品名 メディア、編集、テクノロジー
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
メディア、編集、テクノロジージャンル 本・雑誌・コミック
メディア、編集、テクノロジー詳細 メディア、編集、テクノロジー(コチラクリック)
メディア、編集、テクノロジー価格(税込) 1296円
獲得Tポイント メディア、編集、テクノロジー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ