UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン ブックライブ 電子書籍 配信 情報

UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ビジネス視点から、UXの価値を探るビジネス・パーソン向けのUX(ユーザーエクスペリエンス:顧客体験)解説書。B2Cであれ、B2Bであれ、Webであれ、アプリであれ、ブランディングであれ、コールセンターであれ、ビジネスの場面において「顧客とのエンゲージメント」の重要性が増している中、UXアプローチは必要不可欠なものとなってきています。本書はデジタル・マーケティングから顧客との関係構築、ブランディング、実装まで、それぞれ現場で活躍する執筆陣が、多面的・複合的な視点、切り口で、UXおよびUXDのビジネス価値に関して、分かりやすく解説します。【誰のための本か?】ビジネス視点からUX(ユーザーエクスペリエンス)の価値や重要性を知りたい方【構成】Chapter1 UXとはなにか?(田平博嗣)Chapter2 UXと顧客エンゲージメント(原裕)Chapter3 UXが企業にもたらす価値(井登友一)Chapter4 UXブランディング(明海司)Chapter5 Webサービス開発プロジェクトにおけるUXデザイン(塚本洋、川田学)Chapter6 BtoBビジネスにおけるUX(橘守)Chapter7 コールセンターにおけるUXとカスタマー・エンゲージメント(萩谷衞厚)Chapter8 UXの採用プロセス(坂本貴史)Chapter9 オムニチャネル時代におけるCX/UX:エンゲージメント・コマース(奥谷孝司、原裕)
続きはコチラから・・・



UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン「公式」はコチラから



UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン


>>>UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でUX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でUX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でUX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍ビジネスには多くの企業が参入しているので、必ず比較してから「どの電子書籍を選定するのか?」を決めてほしいと思います。揃えている書籍の種類や料金、サービスの中身を検証することをおすすめします。
BookLive「UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン」を読むと言うなら、スマホに限ります。パソコンはかさばるので持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも通勤電車などの中で閲覧するような場合には不向きだと想定されます。
電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが登場し人気を博しています。1冊いくらというのではなく、毎月いくらという料金徴収方法を採用しています。
例えば移動中などのわずかな時間に、無料漫画を調べて面白そうな漫画を発見しておけば、公休日などの時間的に融通が利くときに買い求めて残りを読むってこともできます。
講読者数の伸び悩みが指摘される中、電子書籍は今までにないシステムを提案することによって、新規顧客を飛躍的増加させているのです。昔ではありえなかった読み放題というプランがそれを現実化したのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画や書籍は、書店で試し読みして購入するか購入しないかを決定する人が多くいます。ただし、最近では電子コミックにて1巻だけ買ってみてから、それを買うかどうか判断する方が主流派になりつつあります。
「どのサイトを利用して本を買うことにするか?」というのは、それなりに大事なことだと言えます。販売価格やコンテンツなどに違いがあるため、電子書籍と申しますのはあれこれ比較して判断しなければいけません。
「アニメに関しましては、テレビで見れるものを見ているだけ」というのは、今では考えられない話だと思います。その理由は、無料アニメ動画等をネットで視聴するという形が一般化しつつあるからです。
さくさくとダウンロードしてエンジョイできるというのが、無料電子書籍の利点です。お店まで出掛けて行く必要も、通販で買った本を送ってもらう必要もないのです。
漫画マニアの人にとって、コレクション品としての単行本は価値があると思いますが、読めるだけで満足という人の場合は、スマホ経由で読める電子コミックの方がいいでしょう。





UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインの情報

                              
作品名 UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザインジャンル 本・雑誌・コミック
UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン詳細 UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン(コチラクリック)
UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン価格(税込) 3024円
獲得Tポイント UX × Biz Book 顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ