マスペディア1000 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

マスペディア1000ブックライブ無料試し読み&購入


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。“世にも美しい事典”と評判のサイエンスペディア(第50回造本装幀コンクール経済産業大臣賞受賞)に姉妹編の数学版が登場! 数学を10のカテゴリーに大きく分け、最重要キーワードを1000個選び、それぞれを簡潔に紹介したおしゃれな数学事典です。 それぞれのキーワードは五十音順ではなく、数学のサブカテゴリー(幾何学、代数学、解析学……)ごとに並べられています。気になるキーワードを調べるのに使うのはもちろんですが、サブカテゴリーに含まれるキーワードを一気に読むという楽しみ方もおすすめです。そうすることで、気になるサブカテゴリーの全体像が浮かび上がってくるからです。 事典としての機能とポピュラーサイエンスのように読めるとっかかりやすさを融合させた本書は、事典としてはもちろん、想像力を刺激する数学エッセイとしても楽しむことができるのものです。 本書に含まれるカテゴリーとサブカテゴリーは、次の通りです。数(基本、計算、数体系、有理数、約数と倍数、帰納法、数の表現法、超越数、定規とコンパスによる作図、ディオファントス方程式、素数)幾何学(ユークリッド幾何学、三角形、円、多角形と多面体、変換、充填形、曲線と曲面、極座標、離散幾何学、微分幾何学、位相幾何学、結び目理論、非ユークリッド幾何学、代数的位相幾何学、代数幾何学、ディオファントス幾何学)代数学(文字で数を表す、方程式、ベクトルと行列、群論、抽象代数学)離散数学(組み合わせ論、グラフ理論、ラムゼー理論)解析学(数列、級数、連続性、微分学、積分学、複素解析、べき級数、累乗、フラクタル、力学系、微分方程式、フーリエ解析)論理学(基本論理、演繹法、集合論、ヒルベルトプログラム、複雑性理論、計算可能性理論、モデル理論、不確実性とパラドクス)超数学(数学という営み、数学と技術、数学の哲学)確率論と統計学(統計学、確率論、確率分布、確率過程、暗号学)数理物理学(ニュートン力学、波動、場と流れ、特殊相対性、重力、量子力学、場の量子論)ゲームとレクリエーション(ゲーム理論、フィボナッチ、黄金分割、パズルと難問)
続きはコチラから・・・



マスペディア1000無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


マスペディア1000「公式」はコチラから



マスペディア1000


>>>マスペディア1000の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


マスペディア1000、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
マスペディア1000を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でマスペディア1000を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でマスペディア1000の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でマスペディア1000が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、マスペディア1000以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


待ち合わせの時間つぶしに一番良いWebサイトとして、人気を博しているのがBookLive「マスペディア1000」だと聞いています。お店に出かけて欲しい漫画を探したりせずとも、スマホでサイトから購入すればいつでも読めるというのが便利な点です。
カバンの類を持たずに出かけたい男の人には、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのは物凄いことなのです。言うなれば、ポケットに入れて本や漫画を携帯できるというわけなのです。
わざわざ無料漫画を提供することで、訪問者を増やし収益増加へと結びつけるのが事業者サイドの狙いということになりますが、一方のユーザーも試し読みができるので、メリットがあると言えます。
購入前に試し読みをして漫画のイラストや中身を理解した上で、心配などせずに購読できるのがウェブで読める漫画の良い点です。支払いをする前に内容を知ることが出来るので失敗するはずありません。
「通学時間に電車でコミックを読むなんて絶対にできない」と言われる方でも、スマホ内部に漫画を保存すれば、人目を気に掛けることが不要になります。まさに、これがBookLive「マスペディア1000」の長所です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本を買う代金は、1冊毎の額で見れば安いですが、何冊も買えば月々の購入代金は高くなります。読み放題なら固定料金に抑えられるため、出費を抑制することができます。
電子コミックを満喫したいなら、スマホに限ります。パソコンはかさばるので持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車内などで読みたいという時には適していないと言えます。
コミックは、読み終えてから古本屋などに持ち込んでも、わずかなお金しか手にできませんし、再び読みたくなったときにスグに読めません。無料コミックのアプリなら、本をしまっておく場所が不要なので片付けに困るというようなことが皆無です。
電子コミックがアラフォー世代に受けが良いのは、若かりし日に反復して読んだ漫画を、もう一度容易に鑑賞できるからだと言えるでしょう。
マンガ雑誌などを購入したいというときには、ページをめくってチェックしてから決める人が殆どです。無料コミックなら、立ち読みしているのと同様に内容を閲覧することができるというわけです。





マスペディア1000の情報

                              
作品名 マスペディア1000
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
マスペディア1000ジャンル 本・雑誌・コミック
マスペディア1000詳細 マスペディア1000(コチラクリック)
マスペディア1000価格(税込) 3974円
獲得Tポイント マスペディア1000(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ