スロウスロウ ブックライブ 電子書籍 配信 情報

スロウスロウブックライブ無料試し読み&購入


下請けの現場リーダーをしている成島一志は、妻を亡くした後、一人息子と慎ましい生活を送っていた。そんなある日、地下鉄工事の案件で元請と揉めた後輩の代わりに現場責任者として入ることに。現場には、施工主であるインテリメガネの萱森という若者がいたが、成島は彼のことを暴言を吐いた人物だと聞き及んでいた。しかし、萱森という人物を知れば知るほど、暴言を吐くような性格とは思えず、成島は彼の思いやりのある人間性に徐々に惹かれていくが…。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。
続きはコチラから・・・



スロウスロウ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


スロウスロウ「公式」はコチラから



スロウスロウ


>>>スロウスロウの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


スロウスロウ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
スロウスロウを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でスロウスロウを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でスロウスロウの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でスロウスロウが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、スロウスロウ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


きちんと比較してからコミックサイトを決定する人が多いようです。オンラインで漫画をエンジョイしたいのであれば、諸々のサイトの中から自分のニーズを満足してくれるサイトを選び出すことが大事です。
移動中の何もしていない時などの少しの隙間時間に、無料漫画をさらっと見て読みたいと思う本を絞り込んでおけば、公休日などの時間が作れるときに購読して続きを閲読することができるわけです。
「どの業者で書籍を買うのか?」というのは、かなり大事な事です。値段や仕組みなどがそれぞれ違うので、電子書籍につきましては詳細に比較して決めないとならないと断言します。
本を買うというなら、BookLive「スロウスロウ」のサイトで試し読みを行うというのが良いでしょう。大体の内容やキャラクターのイラストなどを、先に把握できます。
電子書籍を買うというのは、電子情報を入手するということを意味するわけです。サービスが終了してしまったということがあると、支払ったお金は無駄になりますので、ちゃんと比較してから信頼できるサイトを選択してください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報が商品となりますので、自分に合わない内容でも返品は不可能です。ですので中身を確かめるためにも、無料漫画を閲覧する方が賢明です。
業務が多忙を極めアニメを視聴する時間が捻出できないというような方にとっては、無料アニメ動画がおすすめです。毎週同一時間帯に見るという必要性はないので、空き時間に見ることが可能です。
まだ幼いときに大好きだった思い出のある漫画も、電子コミックとして読めるようになっています。地元の本屋では陳列されていないタイトルもいろいろ見つかるのが良いところなのです。
各種サービスを追い抜く形で、こんなに無料電子書籍システムというものが広がり続けている要因としましては、地元の本屋が姿を消しつつあるということが挙げられるでしょう。
本屋では、店頭に出している漫画の立ち読み防止策として、ビニールをかけるのが普通です。電子コミックなら冒頭を試し読みができるので、絵柄や話などを理解してから買うか判断できます。





スロウスロウの情報

                              
作品名 スロウスロウ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
スロウスロウジャンル 本・雑誌・コミック
スロウスロウ詳細 スロウスロウ(コチラクリック)
スロウスロウ価格(税込) 899円
獲得Tポイント スロウスロウ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ