翻訳というおしごと ブックライブ 電子書籍 配信 情報

翻訳というおしごとブックライブ無料試し読み&購入


「外国語を生かせる仕事」として、根強い人気を誇る翻訳業。そもそも翻訳とは、どんな仕事なのか。そして、これからの翻訳者には何が求められるのか。自動翻訳などの技術が進化する中、翻訳者には「未来」はあるのか。実務、映像、出版の翻訳者10人にインタビューを重ね、浮かび上がってきた「翻訳というおしごと」の現在と未来を、鮮やかにえがく。【本書の特長】1)出版翻訳者/ライターとして25年のキャリアを持つ著者が、翻訳の3分野、「実務翻訳」「映像翻訳」「出版翻訳」の現在を取材。また、翻訳者のみならず、翻訳者養成学校や翻訳コーディネーターなど、翻訳業界に欠かせないプレーヤーにも取材。翻訳支援ツールや自動翻訳の導入が進み、大きく変わりつつある翻訳業界を俯瞰できます。2)翻訳という仕事の奥深さとその魅力を、10人の翻訳者へのインタビューと、著者自身の出版翻訳者としての経験を合わせ、具体例を豊富に提示。3)翻訳にはどんな分野があるのか、仕事をどのように得ていくか、どんな技量が求められるか、「これからも食べていける」翻訳者の条件などについて、詳細に伝えます。翻訳という仕事がどういう仕事かを知りたい人、翻訳者としての第一歩を踏み出したい人必読の一冊。【著者プロフィール】実川元子:1954年兵庫県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。アパレル会社勤務を経て、1991年に翻訳者/ライターとして独立。主な翻訳書に『PK―最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?』(ベン・リトルトン著、カンゼン)、『孤高の守護神 ゴールキーパー進化論』(ジョナサン・ウィルソン著、白水社)、『GILT―ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー』(アレクシス・メイバンク、アレクサンドラ・ウィルキス・ウィルソン著、日経BP社)、『エキストラバージンの嘘と真実―スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界』(トム・ミューラー著、日経BP社)、『堕落する高級ブランド』(ダナ・トーマス著、講談社)ほか多数。オフィシャルサイト:http://www.motoko3.com/
続きはコチラから・・・



翻訳というおしごと無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


翻訳というおしごと「公式」はコチラから



翻訳というおしごと


>>>翻訳というおしごとの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


翻訳というおしごと、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
翻訳というおしごとを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で翻訳というおしごとを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で翻訳というおしごとの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で翻訳というおしごとが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、翻訳というおしごと以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍ビジネスには多数の業者が進出していますので、何としても比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決定するようにしたいものです。揃えている書籍の種類やコンテンツ、価格などを検証することをおすすめします。
月極の利用料をまとめて払えば、各種の書籍をどれだけでも閲覧できるという読み放題サービスが電子書籍で広がりを見せています。1冊毎に購入しなくても読めるのが人気の理由です。
無料漫画が堪能できるということで、ユーザー数が増加するのは当然の結果です。書店とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みができるというのは、電子書籍ならではの特長だと言って間違いありません。
「手の届く場所に置けない」、「読者であることを隠すべき」という漫画だったとしても、BookLive「翻訳というおしごと」を役立てれば周りの人に知られずに購読できます。
近頃、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というプランが誕生し評判となっています。1冊いくらというのではなく、1カ月単位でいくらという料金方式です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックを読むなら、スマホが重宝します。PCは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で読みたいという時にはちょっと不便だと言えるのではないでしょうか。
普段から沢山漫画を購入すると言われる方からすれば、毎月決まった料金を支払うことで飽きるまで読み放題で閲覧することができるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさしく革新的だと高く評価できるでしょう。
電子コミックは手軽に持ち運べるスマホやタブレット型端末で読むことが可能なのです。ちょっとだけ試し読みしてから、その本を購入するかどうかをはっきり決める人も多くいると聞いています。
放映されているものをリアルタイムで視聴するのは面倒ですが、無料アニメ動画として提供されているものなら、各自のスケジュールに合わせて楽しむことだってできるわけです。
閲覧者数が急に増加しているのが昨今の漫画サイトです。スマホで漫画を楽しむことが簡単にできるので、邪魔になってしまう単行本を持ち運ぶ必要もなく、移動時の荷物が少なくて済みます。





翻訳というおしごとの情報

                              
作品名 翻訳というおしごと
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
翻訳というおしごとジャンル 本・雑誌・コミック
翻訳というおしごと詳細 翻訳というおしごと(コチラクリック)
翻訳というおしごと価格(税込) 1215円
獲得Tポイント 翻訳というおしごと(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ