日本人はこれから何にお金を落とすのか? ブックライブ 電子書籍 配信 情報

日本人はこれから何にお金を落とすのか?ブックライブ無料試し読み&購入


「モノ」を買って満足する時代は終わり、「ヒト」に対してお金を落とす時代となった。ライブ、トークショー、サロン、有料メルマガ……。たとえ、モノであっても、有名人が作ったもの、推薦したものなど、そのヒトとのつながりを感じられるもの、つながりを得られるものにお金は使われている。つまり、かつては、宗教が担っていた分野を、消費が担うようになったのだ。そんな「宗教消費」が到来した日本では、どんなビジネスが動くのか――?気鋭のコンサルタントが消費の最新動向を分析した完全書き下ろし版。<目次>■「ヒト」そのものを消費する時代の到来■日本人の消費を描くということ■いまの日本人の消費は「宗教消費」■「自動車」と「衣料」の消費の変遷からわかること■「ロハス」「スローフード」が発明した「正義」としての消費■ユニクロやマクドナルドでは絶対に満たせない領域■グローバル・メーカーも大量に商品を作るだけでは生き残れない■SNS時代の消費者は商品も情報も自分用にカスタマイズしてほしい■忙しい日常は、個性的消費とマス消費の両方を必要とする■自動車販売が40%減少する時代への対応策■フェアトレードに流れるストーリーの重要性■1990年代にナイキが受けた批判と不買運動■ハンドメイドの人生哲学を販売するビジネスの登場■弱者=正義の時代■「この人を信じてみたい」と思わせる等身大カリスマの誕生■現世利益が欲しい私たち■「自分はどう生きるか」と悩み続ける同僚への羨望■自由に選択できる人生だから、自己啓発が必要になる■「無数のカリスマ」を求める必然。宗教消費は続く
続きはコチラから・・・



日本人はこれから何にお金を落とすのか?無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


日本人はこれから何にお金を落とすのか?「公式」はコチラから



日本人はこれから何にお金を落とすのか?


>>>日本人はこれから何にお金を落とすのか?の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本人はこれから何にお金を落とすのか?、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本人はこれから何にお金を落とすのか?を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本人はこれから何にお金を落とすのか?を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本人はこれから何にお金を落とすのか?の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本人はこれから何にお金を落とすのか?が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本人はこれから何にお金を落とすのか?以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料コミックなら、購入を迷っている漫画を少しだけ試し読みで確かめることができます。買う前に中身を大雑把に認識できるので、非常に人気を博しています。
昨今、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが誕生し注目を浴びています。1冊単位でいくらというのではなく、1ヶ月いくらという料金方式を採っています。
今流行りの無料アニメ動画は、スマホでも視聴することが可能です。近頃は年齢層の高いアニメ愛好家も増加していますので、この先尚のこと規模が拡大されていくサービスだと言えるでしょう。
電子書籍を買うというのは、オンライン情報を手に入れるということを意味するわけです。サービスの提供が終了してしまうと、支払ったお金は無駄になりますので、きちんと比較してから安心して利用できるサイトを選びましょう。
漫画を買う時には、BookLive「日本人はこれから何にお金を落とすのか?」を利用してちょっとだけ試し読みする方が良いでしょう。ざっくりとしたあらすじや漫画に登場する人の風貌などを、先だって確認することができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料電子書籍をDLすれば、仕事などでアポキャンを喰らっても、時間が余って仕方ないということがなくなると言えます。仕事の空き時間とか通勤通学時間などにおいても、想像以上にエンジョイできるはずです。
スマホで見ることが可能な電子コミックは、どこかに行くときの持ち物を少なくするのに一役買ってくれます。カバンやリュックなどの中に何冊も本をしまい込んで持ち運ばなくても、手軽に漫画をエンジョイすることができるのです。
スマホを操作して電子書籍をダウンロードすれば、バスでの移動中や仕事の合間の一服タイムなど、場所を選ばずに堪能することができます。立ち読みもできるようになっていますから、ショップまで行くなんて必要はないのです。
老眼で近くの物がぼやけて見えるようになってきたという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を楽しむことができるというのは、大いに意味のあることなのです。表示文字のサイズを調節して読みやすくできるからです。
電子コミックは常に携行しているスマホやタブレット端末で閲覧することができるわけです。さわりだけ試し読みをしてみて、その漫画をDLするかの結論を下す方が増えているとのことです。





日本人はこれから何にお金を落とすのか?の情報

                              
作品名 日本人はこれから何にお金を落とすのか?
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本人はこれから何にお金を落とすのか?ジャンル 本・雑誌・コミック
日本人はこれから何にお金を落とすのか?詳細 日本人はこれから何にお金を落とすのか?(コチラクリック)
日本人はこれから何にお金を落とすのか?価格(税込) 864円
獲得Tポイント 日本人はこれから何にお金を落とすのか?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ