自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで ブックライブ 電子書籍 配信 情報

自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでブックライブ無料試し読み&購入


*本文「幸せになる秘訣」より抜粋*自己憐憫におちいって身動きがとれなくなったことが、どれほどあっただろう。陽気でいるよりも、みじめでいるほうがずっとかんたんだ。ポジティブでいるよりも落ちこんでいるほうがずっと楽だ。人生が厳しいときにポジティブでいるためには努力が必要だけれど、落ちこむためにはまったくなにもしなくていいのだから。ひとりが落ちこむと、まるで伝染病みたいに、まわりのみんなも落ちこんでしまう。だから自分の身を嘆きがちなぼくたちは、せめてまわりの人にやさしくしなければ。どうすれば自己憐憫を乗りこえられるだろう?より楽な生活をすればいいというわけじゃない。ぼくのおばあちゃんはものすごくたいへんな生活をしているけれど、とても陽気な人だ。ことの大部分は「期待」と関係しているのだと思う。人生になにか「貸し」があると思っていたら、いま手にしているもののありがたさはわからない。ぼくはずっと、自分をふつうの子たちと比べていた。自分を嫉妬に閉じこめ、自分だけが人生を楽しむチャンスを逃していると思っていた。ふつうの子だって完璧な人生を送っているわけじゃないということがわかっていなかった。彼らはふつうの頭脳を持っていたかもしれないけれど、たぶんぼくには、家族やファイトなど、彼らが持っていないものがあった。自分の幸運に気づけば、自分の財産のありがたみがわかる。ぼくは、コミュニケーションができることの幸運をかみしめている。これをできて当然のことだとは思わない。「この病気であることがすべて悪いわけじゃない」このことを心に刻んで、自己憐憫と戦うのがぼくの仕事だ。認めたくはないけれど、自閉症はぼくにいいことももたらしてくれた。沈黙の世界で、ものごとを深く考えることを学んだ。まわりの人たちとその感情を観察して理解することを学んだし、この病気がすべての終わりじゃないこともわかった。取り組むことができるとわかっている難題にすぎないのだ。幸せになる秘訣は、自己憐憫をやめることだ。
続きはコチラから・・・



自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで「公式」はコチラから



自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで


>>>自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「全部の漫画が読み放題であったら良いのに・・・」というユーザーのニーズをベースに、「月に固定額を払えば個別に支払う必要はない」という形の電子書籍が登場したわけです。
月額の料金が一定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻ずつ支払うタイプのサイトタダで読めるタイトルが沢山あるサイトなど、コミックサイトも1つ1つ違いが見受けられますので、比較した方が良いとお伝えしておきます。
電車を利用している間も漫画に集中したいと考えている人にとって、BookLive「自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで」ぐらい重宝するものはないでしょう。スマホをたった一つ持っているだけで、簡単に漫画を堪能できます。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界においてはそれこそ斬新的な試みです。利用する方にとっても著者や出版社にとっても、魅力が多いと考えていいでしょう。
幼少時代に何度も読み返した往年の漫画も、BookLive「自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで」という形で読めるようになっています。一般の書店では購入できない作品も数多く見受けられるのが特長だと言えるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


クレジットで購入する電子書籍は、知らない間に支払金額が高くなっているということが想定されます。対して読み放題プランを利用すれば毎月の利用料が固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても支払が高額になる心配は無用です。
お金を支払う前にあらすじを確認することが可能だというなら、購入した後に悔やまずに済むのです。店頭で立ち読みするときのような感じで、電子コミックにおきましても試し読みというシステムで、内容を把握できます。
漫画や書籍を買い集めていくと、後々置き場所に困るという問題に直面します。だけれどネット上で読める電子コミックなら、しまい場所に悩むことから解放されるため、収納場所を心配することなく楽しむことができるというわけです。
来る日も来る日も新しい漫画が追加されるので、何冊読もうとも読むものが無くなるおそれがないというのがコミックサイトのメリットです。書店にはもう置いていない一昔前の作品も入手できます。
スマホで閲覧することが可能な電子コミックは、外出時の荷物を減らすのに役立つと言っていいでしょう。バッグなどの中に何冊もの本を詰め込んで持ち運ばなくても、手間なくコミックを見ることが可能だというわけです。





自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでの情報

                              
作品名 自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまでジャンル 本・雑誌・コミック
自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで詳細 自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで(コチラクリック)
自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで価格(税込) 1199円
獲得Tポイント 自閉症のぼくが「ありがとう」を言えるまで(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ