いいひと。(23) ブックライブ 電子書籍 配信 情報

いいひと。(23)ブックライブ無料試し読み&購入


▼第1話/希望の轍▼第2話/Do me▼第3話/恋したっていいじゃない▼第4話/メリーゴーランド▼第5話/僕であるために▼第6話/声を聴かせて▼第7話/Calling▼第8話/この愛の始まりも 恋の終わりも▼第9話/REINCARNATION●あらすじ/役員会まであと4日、優二たちリストラプロジェクトの成果は「リセット制度」という名のもとにまとめられた。それを報告するための役員会に、健太の代理として自分が出ると言い出す優二。野島と二階堂は、優二に代役が勤まるのか、そしてこの「リセット」制度が、本当にみんなが幸せに出来るものなのか不安を覚えていた。一方、優二が役員会に出席すると聞いた矢口は、ことの顛末を健太に問いただすが…(第1話)▼運命の役員会を翌日に控え、「大日本リストラ」の取締役名簿に聞きなれない名前を発見した野島は、健太に何者かを確かめようとしていた。その人は健太の義理の父で、第一帝都銀行の会長である「石原勉」氏に頼みこんで、自らがもっとも嫌っていたハズの裏工作を計画していたのだった。しかし健太は、それを実行に移す前に、彼にとって一番大切な人と会って話をしておきたいと思い立つ(第2話)●本巻の特徴/健太はなんと役員会をすっぽかして、真理子とデートをすることに!! そして代役として役員会に出席する優二。そして「大日本リストラ有限会社」が作り出した「リセット」制度の全容が明らかになる!?●その他の登場キャラクター/矢口(リストラチームの中心的な人物。専務の画策により、ゆーじを誤解している)、野島(ゆーじより1年後輩の秘書課の女の子で元体操の選手。オリンピックで再起不能のけがを負う)、二階堂(ライテックスの人事部主任。ゆーじとは入社以来の知り合い)
続きはコチラから・・・



いいひと。(23)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


いいひと。(23)「公式」はコチラから



いいひと。(23)


>>>いいひと。(23)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


いいひと。(23)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
いいひと。(23)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でいいひと。(23)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でいいひと。(23)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でいいひと。(23)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、いいひと。(23)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


お金にならない無料漫画を敢えて置くことで、サイト訪問者を増やし売上増に結び付けるのが販売会社にとっても目標ですが、反対にユーザーも試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
スマホが1台あれば、BookLive「いいひと。(23)」を好きな時に読めるのです。ベッドでくつろぎながら、眠りに就くまでのリラックスタイムに見るという人がたくさんいるそうです。
1冊ずつ書店で買い求めるのは面倒なことです。そうは言っても、一気買いは退屈な内容だったときの心理的ダメージが甚大だと言えます。BookLive「いいひと。(23)」は読む分だけ買えるので、失敗することも最小限に留められます。
BookLive「いいひと。(23)」の販売促進の戦略として、試し読みが可能という取り組みは斬新なアイデアだと思われます。どんなときでもストーリーをチェックすることができるので、暇にしている時間を利用して漫画を選択できます。
空き時間を楽しくするのにバッチリなサイトとして、定着してきているのが話題のBookLive「いいひと。(23)」です。本屋さんなどでどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホでアクセスすることで誰でも読めるというのが特徴と言えるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画離れが叫ばれる中、電子書籍は今までとは異なるシステムを採り入れることで、利用者数を飛躍的増加させているのです。今までは絶対になかった読み放題プランがそれを可能にしたのです。
「外でも漫画を楽しみたい」という人にオススメできるのが電子コミックではないではないでしょうか?実物を鞄に入れて運ぶことも不要になりますし、バッグの中身も軽くできます。
電子コミックを楽しみたいとすれば、スマホが重宝します。パソコンはかさばるので持ち歩くことが不可能ですし、タブレットも電車の中などで閲覧するというような時には不適切だと想定されるからです。
読みたい漫画は諸々あるけれど、買い求めたとしても本棚に空きがないという人は大勢います。そういったことから、保管場所のことは考慮不要とも言える漫画サイトの利用が増えてきているわけです。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品ということになるので、楽しめなくても返品することはできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確かめるためにも、無料漫画を読むことが大切です。





いいひと。(23)の情報

                              
作品名 いいひと。(23)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
いいひと。(23)ジャンル 本・雑誌・コミック
いいひと。(23)詳細 いいひと。(23)(コチラクリック)
いいひと。(23)価格(税込) 540円
獲得Tポイント いいひと。(23)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ