販売魔女と死の眼鏡 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

販売魔女と死の眼鏡ブックライブ無料試し読み&購入


ベストセラー『会計天国』の著者の最新刊! 小さな鞄店を営むマサトは、ある日、お客の心が読めるという魔法の眼鏡を手に入れる。営業不振に悩むマサトは、大喜びでその眼鏡を使って売り上げアップを目指そうとするのだが、直後に現れた魔女に眼鏡を返すよう迫られてしまう。さらに、眼鏡の以前の持ち主たちは次々と怪死していて……。お客様の声は、鞄店を立て直す神の声か? もしくは悪魔のささやきか? マーケティングからCS(顧客満足)、クレーム対応、優良顧客育成まで、すべてのビジネスに通じる販売戦略ノベル。・「お客の声を聞け」で、売上は本当に伸びるのか? ・どのお客の声を聞けばいいのか? ・適正な「品揃え」と「価格」とは? ・クレームはどこまで受け入れればいいのか? ・最高の優良顧客を生み出す技術 ・お客の声を聞くことよりも大切なこと この戦略はすべてのビジネスの真理だ! 『お客の心が読めるメガネ』を改題。
続きはコチラから・・・



販売魔女と死の眼鏡無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


販売魔女と死の眼鏡「公式」はコチラから



販売魔女と死の眼鏡


>>>販売魔女と死の眼鏡の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


販売魔女と死の眼鏡、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
販売魔女と死の眼鏡を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で販売魔女と死の眼鏡を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で販売魔女と死の眼鏡の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で販売魔女と死の眼鏡が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、販売魔女と死の眼鏡以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


多くの本屋では、陳列している漫画の立ち読みを禁止するために、ビニールをかけるケースが多いです。BookLive「販売魔女と死の眼鏡」なら試し読みが可能となっているので、あらすじを把握してから買うかどうかを判断可能です。
「乗車中にコミックを読むなんてあり得ない」という人でも、スマホに直で漫画を保管しておけば、人目を考慮する必要がなくなるはずです。まさしく、これがBookLive「販売魔女と死の眼鏡」が人気を博している理由です。
あえて無料漫画を閲覧できるようにすることで、サイトの閲覧者を増やし収益増加へと結びつけるのが電子書籍サイトの最終目標ですが、一方ユーザー側も試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。
毎日を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を有意義に活用することが大事です。アニメ動画の視聴くらいは移動の真っ最中でもできることなので、こうした時間を利用するようにしたいですね。
ショップには置かれていないようなずいぶん前のタイトルも、電子書籍には置かれています。無料コミックのラインナップの中には、アラフォー世代が中高生時代にエンジョイした漫画も多数見られます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホで読める電子コミックは、お出かけ時の持ち物を少なくするのに役立ちます。バッグの中などに何冊もの本を詰め込んで持ち運ばなくても、いつでも漫画を読むことができるわけです。
電子コミックの販売促進の戦略として、試し読みが可能という取り組みは見事なアイデアです。いつでもある程度の内容を確かめられるので少しの時間を上手に利用して漫画を選ぶことが可能です。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入したいというときには、斜め読みして内容をチェックした上で決定する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読み同様中身を確かめることができるのです。
必ず電子書籍で購入するという方が急増しています。持ち歩くことからも解放されますし、本を並べる場所も必要ないという特長があるからです。更に無料コミックを利用すれば、試し読みも楽勝でできます。
スマホで見る電子書籍は、ご存知かと思いますが表示文字のサイズを自分好みに変えることもできますから、老眼で見えにくい高年齢の人でも問題なく読めるという特長があると言えます。





販売魔女と死の眼鏡の情報

                              
作品名 販売魔女と死の眼鏡
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
販売魔女と死の眼鏡ジャンル 本・雑誌・コミック
販売魔女と死の眼鏡詳細 販売魔女と死の眼鏡(コチラクリック)
販売魔女と死の眼鏡価格(税込) 600円
獲得Tポイント 販売魔女と死の眼鏡(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ