ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス ブックライブ 電子書籍 配信 情報

ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスブックライブ無料試し読み&購入


謎のウイルスに襲われた電脳世界、そしてミルキーピア存続の危機! オールスターキャスト総出演の最終話 アミューズネットを吹き荒れる謎のウイルス赤死病の猛威。その原因は特定できず、ネットパトのチェックも効かない。またまたミルキーピア探偵局は、赤死病対策に乗り出すも、苦戦の連続。加えてこれまで蓄積したネット潜りの疲労に体調を崩して苦しむ片山秀人。復讐と因縁。さまざまに絡み合うものがほどけたときに現われたものは……。 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズのうち、SFマガジン1995年1月臨時増刊号に掲載され、そのまま単行本にまとめられなかった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! 本書はその第11弾にして完結編。1000枚を超える以下のエピソード(前・後編)のほか、作者口上、幕間まんがも併せて収録している。第11話 史上最大のメリークリスマス(前・後編)●東野 司(とうの・つかさ)1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。
続きはコチラから・・・



ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス「公式」はコチラから



ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス


>>>ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


ほとんどのお店では、陳列している漫画を立ち読みされないようにするために、ヒモでしばることが多いです。BookLive「ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス」ならば試し読みが可能となっているので、ストーリーを確かめてから購入することができます。
サービスの具体的な中身に関しては、会社によってまちまちです。ですので、電子書籍を何処で買い求めることにするのかは、当然比較したほうが良いと言えるでしょう。余り考えずに決定するのはおすすめできません。
既に絶版になった漫画など、売り場では取り寄せを頼まなくては読むことができない書籍も、BookLive「ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス」という形でいろいろ並んでいるため、いつでもダウンロードして読めます。
「スマホの小さい画面なんかでは見づらくはないのか?」という様に不安視する人もいるようですが、実際にBookLive「ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス」を買ってスマホで読んでみると、その素晴らしさにビックリする人がほとんどです。
現在放映中であるアニメをオンタイムで追っかけるのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画として配信されているものなら、自分自身の好きなタイミングで楽しむことが可能だというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利益が発生しない無料漫画を敢えて提示することで、利用者数を増やし売上増に結び付けるのが電子書籍会社の利点ですが、逆にユーザー側も試し読みができるので、良い判断材料になります。
お金を支払う前に内容を知ることが可能だというなら、読んでから失敗だったということがありません。お店で立ち読みをするときのように、電子コミックにおきましても試し読みが可能なので、内容を確かめられます。
読み放題プランというサービスは、電子書籍業界からしたら言わば斬新的なトライアルなのです。ユーザーサイドにとっても作家サイドにとっても、良い面が多いと高く評価されています。
「電子書籍には興味をそそられない」という愛読家の人も少なからずいますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読んだら、その気軽さや支払方法の簡単さからどっぷりハマる人がほとんどだとのことです。
「人目につく場所に置けない」、「読んでいるということを内緒にしたい」と思う漫画でも、漫画サイトを役立てれば周りの人に知られずに閲覧できます。





ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスの情報

                              
作品名 ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマスジャンル 本・雑誌・コミック
ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス詳細 ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス(コチラクリック)
ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス価格(税込) 756円
獲得Tポイント ミルキーピア物語(11) 史上最大のメリークリスマス(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ