ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎ブックライブ無料試し読み&購入


巧妙に仕掛けられたトリックを見破れ! 謎解き要素も加わってますますパワーアップ 占いネット『電脳十二支占い倶楽部』のツールの十二支が、誰もアクセスしていない密室状態で消失してしまった。ネットパトロールの依頼で、秀人と鳴琳が秘技を駆使してネットに潜入、捜査を進めるうちに思いもよらない事実がイモヅル式に明らかになっていく。春たけなわの季節、宴会大好きのシステムハウス・ネット探偵局“ミルキーピア”の面々がお花見そっちのけで事件解明に大奔走。 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第7弾。以下のエピソードを収録している。第8話 消えた十二支の謎●東野 司(とうの・つかさ)1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。
続きはコチラから・・・



ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎「公式」はコチラから



ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎


>>>ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「スマホの画面は小さいから読みにくいということはないのか?」と疑念を感じる人も見受けられますが、その様な人もBookLive「ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎」を購入しスマホで閲覧してみると、その機能性に感嘆するはずです。
マンガの購読者数は、このところ低下している状態です。今までの営業戦略に固執することなく、まずは無料漫画などを打ち出すことで、新規利用者数の増大を図っています。
無料電子書籍があれば、暇で暇で無意味に時間が過ぎ行くということがなくなると思います。ランチタイムやバスなどで移動している時などでも、十分に楽しめるでしょう。
昔はきちんと本という形で買っていたと言われるような方も、電子書籍を利用してみた途端、便利さに感動するということが多いと聞いています。コミックサイトも多々ありますから、面倒くさがらずに比較してからセレクトしていただきたいです。
購入の前に試し読みをして自分に合う漫画なのかを踏まえた上で、不安になることなく入手できるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトのメリットです。買い求める前に内容を知れるので失敗する心配はいりません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画と呼ばれるものは、店舗での立ち読み的なものだと考えていいでしょう。楽しめるかどうかを適度に把握した上で入手できるので、ユーザーも安心です。
スマホで見ることが可能な電子コミックは、外に出るときの持ち物を軽くするのに有効だと言えます。バッグやリュックの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち運ぶなどしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能になるのです。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報自体が商品となるので、自分に合わない内容でも返金請求はできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確認するためにも、無料漫画を読む方が良いでしょう。
お店で売っていないというようなちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら見つかります。無料コミックのラインナップには、40代以上の世代が幼い頃に読みまくった本が含まれていることもあります。
移動中だからこそ漫画を楽しみたいと考えている人にとって、漫画サイトほど便利なものはありません。スマホを1台持ち運ぶだけで、いつだって漫画を読むことができます。





ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎の情報

                              
作品名 ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎ジャンル 本・雑誌・コミック
ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎詳細 ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎(コチラクリック)
ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎価格(税込) 486円
獲得Tポイント ミルキーピア物語(7) 消えた十二支の謎(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ