阿含経典1 ブックライブ 電子書籍 配信 情報

阿含経典1ブックライブ無料試し読み&購入


ブッダはなにを語り、どのように説いたのか。その教えを最も純粋なかたちで伝える最古層の重要な仏教経典の集成。阿含=アーガマとは伝承されてきた聖典を意味する。これらの経典群のなかには、あらゆる宗派を超えた仏教の原初のすがたがあり、その根本がある。本書は厖大な阿含経典群のなかから、よく古形を保ち、原初的な経と判定される諸経をとりあげ、パーリ語原典からの現代語訳と注解で構成。第1巻は、ブッダの悟りの内容を示す「存在の法則(縁起)に関する経典群」と、その法則に即して人間をかたちづくる要素を吟味した「人間の分析(五蘊)に関する経典群」を収録する。
続きはコチラから・・・



阿含経典1無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


阿含経典1「公式」はコチラから



阿含経典1


>>>阿含経典1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


阿含経典1、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
阿含経典1を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で阿含経典1を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で阿含経典1の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で阿含経典1が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、阿含経典1以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電車の乗車中にカバンから漫画を出すなんて絶対にできない」、そんな人でもスマホ自体に漫画を入れることができれば、羞恥心を感じる必要はなくなります。率直に言って、これがBookLive「阿含経典1」の人気の秘密です。
売り場では、売り物の漫画を立ち読みされないように、ビニール包装するケースが増えています。BookLive「阿含経典1」であれば試し読みが可能なので、物語のあらましを確かめてから買えます。
「全てのタイトルが読み放題だとしたら、これほど素晴らしいことはない」という利用者の要望を聞き入れる形で、「月に固定額を払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」というスタイルの電子書籍が登場したわけです。
カバンなどを持ちたくない男の人にとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのは画期的です。荷物の量自体は変わらないというのに、ポケットの中に入れて書籍を持ち運べるわけなのです。
「詳細を理解してからじゃないと買いたくない」と感じている方にとって、無料漫画と言いますのは短所のないサービスだと考えていいと思います。運営者側からしましても、ユーザー数の増加に結び付くわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画があって当然の生活を秘匿しておきたいと言う方が、ここ数年増えていると聞きます。家の中には漫画を持ち込むことができないというような方でも、漫画サイトなら人に内緒のままで漫画が読みたい放題です。
店頭では売り物の漫画の立ち読みを禁止するために、シュリンクをかけるのが一般的です。電子コミックでしたら冒頭を試し読みができるので、物語を精査してから購入することができます。
アニメの世界を満喫するのは、リフレッシュするのに半端なく役立ちます。難解なテーマよりも、簡単で分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめです。
無料漫画と呼ばれているものは、書店での立ち読みのようなものだと言えます。中身を概略的に確認してから買えるので、利用者も安心感が増します。
買うかどうか迷うような作品があれば、電子コミックのサイトで0円の試し読みを利用してみるのがおすすめです。読むことができる部分を見て魅力がなかったとしたら、決済しなければ良いだけです。





阿含経典1の情報

                              
作品名 阿含経典1
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
阿含経典1ジャンル 本・雑誌・コミック
阿含経典1詳細 阿含経典1(コチラクリック)
阿含経典1価格(税込) 1674円
獲得Tポイント 阿含経典1(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ